1. ホーム
  2. 割引制度で安くなる
  3. ≫「横滑り防止装置割引」で保険料を安くする

「横滑り防止装置割引」で保険料を安くする

車を運転する女の子

自動車保険の保険料は、簡単に言えば、保険会社の支払いリスクが大きいほど高く、リスクが小さいほど低く設定されます。自動車保険の保険料を安くするためには事故リスクを少なくすれば良い訳です。そこで有効な手段の一つとして車の安全装置を充実させるということを考えてみてはいかがでしょうか。

自動車の安全装置の一つに「横滑り防止装置」がありこれを契約自動車に装備している場合は割引が適用になることがあるのです。

横滑り防止装置とは

横滑り防止装置とは、障害物を回避するときや、急なハンドル操作時、滑りやすい路面への進入時に、自動車を安定させる装置です。走行中にスリップが発生しそうな状況を装置が感知すると、センサーによってブレーキやエンジン出力を制御してくれて自動車が安定し、事故の発生確率や被害を小さくしてくれます。

このような安全装置のついた車であれば、自分も安心して運転できるうえ、自動車保険の保険料も安くできることになり一石二鳥というわけです。

横滑り防止装置割引の内容

横滑り防止装置割引は保険料から5%程度の割引になることが多いです。これは保険会社や車種によっては適用されない場合もあります。またもしかすると見積もりの際に特に選択する項目がないかもしれません。自家用普通乗用車と自家用小型乗用車には型式ごとに料率クラスというものが設定されています。

料率クラスとはその車の事故リスクに応じて保険料を不公平なく設定できるように、車の型式ごとの事故実績に応じてランク付けされるもので、自動車保険における「車両保険」「対人賠償保険」「対物賠償保険」「傷害保険(搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険)」の4つの項目にそれぞれランクは1~9まで設定されています。1に設定されると一番保険料が安く、9に設定されると一番高くなるような掛け率となるものです。

すでに横滑り防止装置の機能がこの料率クラスに反映されている場合、別途割引項目として設定できない場合も多いようです。検討している保険会社で割引項目がない場合は確認してみると良いでしょう。