1. ホーム
  2. 割引制度で安くなる
  3. ≫「エコカー割引」で保険料を安くする

「エコカー割引」で保険料を安くする

充電中の電気自動車

近年、電気自動車やハイブリットカーなどのいわゆるエコカーと呼ばれる車が販売されています。「エコカー減税」などはテレビCMでも耳にすることが多くなったので知っている人もいるかと思います。これは車を買う時の割引制度ですが、自動車保険においても契約自動車がエコカーに該当する場合は割引が適用になる場合があるのです。

自動車保険の保険料は保険会社の支払いリスクが大きいほど高く、リスクが小さいほど低く設定されるのが普通です。しかしこの割引は目的が少々異なります。エコカーだからといって事故を起こしにくいとは考えられません。これは保険会社が環境問題に対する取り組みとして、エコカーの普及により環境保護に貢献したいという気持ちからできた割引なのです。

割引内容は各社異なる

比較的新しくできた割引制度で該当する車種やその割引内容は各社で異なります。対象となるのはハイブリッド自動車・電気自動車・メタノール車・天然ガス自動車(CGN車)となりますが、会社によってはこの全部を該当とする場合もあれば、この中の一部のみを該当とする場合もあります。

割引率は3%程度であることが多いですが、これも各社異なります。名称についても「低公害車割引」「環境対策車割引」や、割引を電気自動車にだけ限定している会社では「電気自動車割引」という名称になることもあります。

エコカー割引はエコカーの普及が目的の割引のため、割引を適用するには契約自動車が新しい車であることを各社条件としています。その範囲は様々で、保険始期月が初度登録年月の13ヶ月以内、37ヵ月以内、平成22年1月1日以降であるもの。などとなっています。

まずはエコカー割引を適用できそうな車を購入する場合は該当するかどうか各社比較してみるのが良いでしょう。そして適用が可能であれば、その割引を最大限活用できるように購入するタイミングで自動車保険に加入する、または自動車保険の会社を乗り換えることです。