1. ホーム
  2. 割引制度で安くなる
  3. ≫「証券不要割引」で保険料を安くする

「証券不要割引」で保険料を安くする

young man in suit showing an insurance policy

保険会社によっては通常発行される保険証券を発行しない代わりに保険料を安くする割引制度を設けているところもあります。「証券不要割引」の名称の他にも保険会社によっては「e証券割引」や「eサービス割引」と呼ばれる事もあります。

送付書類の種類

割引を利用しない場合に申込みの後に送付される書類は、自分が契約した内容や条件が記載された「保険証券」、商品の内容や、保険金が支払われないケースなどの契約後の注意事項が記載された「保険約款」と、選択した払込方法により保険料を支払うための振込用紙や払込票などがあります。前年度から継続されている場合には保険証券は「継続証」という名称で送られてくるかもしれません。

途中で契約内容を変更した場合には「異動承認書」または「変更内容確認書」という書類が送付されます。会社にもよりますが、これには変更した部分だけが記載されることが多く、その後変更後の内容を反映した保険証券は送付されません。現在の契約内容をすべて確認するには、保険証券と変更内容の記載された書類をセットで保管しておく必要があるという事です。

満期が近くなったら「満期のご案内」または「継続手続きのご案内」という案内が送付されます。これにより契約内容の見直しや更新の手続きを行うことができます。証券不要の割引を利用するとこれらの書類のうち、満期案内以外は送付されないこととなります。

補償内容の確認はどうする?

保険証券が発行されないとなると、契約時に内容をすべて記憶しておかなければならないかと言うとそんな訳はありません。どの会社でも会員登録の必要はありますが、保険証券と同様の内容をインターネットで閲覧できるようになっています。

また証券の代わりに「契約手続き完了のご案内」などの簡易的な確認ハガキが送られてきます。ハガキには切り取って財布や車に保管しておけるようなドライバーズカードという部分があるかと思います。これには保険会社の連絡先や証券番号、補償の概要が書かれており、万が一の場合に自宅にある保険証券を探さなくてもいいように携帯できるサイズで作られています。車に乗る場合には常に備えるようにしておけば大丈夫です。

また、もしも後から紙で確認したくなった場合には、インターネット上で登録したマイページから契約内容の確認画面を開き、ご自分のパソコンにプリンタをつないで印刷することも可能です。保険会社の乗り換えで対面型の保険会社に乗り換える時には前契約確認のため証券が必要と言われるかもしれませんが、内容がわかれば印刷したものでも対応が可能です。

証券不要割引の内容

割引額は500円程度としている会社が多いようですが、保険料を抑えるためには不要な部分はとことん削っていくのが賢明です。書類を受け取らないとするだけであって、もちろん補償には差し支えありません。難しく細々書かれた書類が送付されるよりも、保管の手間がありませんので逆にメリットになるかもしれません。