1. ホーム
  2. 割引制度で安くなる
  3. ≫「インターネット割引」で保険料を安くする

「インターネット割引」で保険料を安くする

ノートパソコンを使うカップル

近年ダイレクト型の自動車保険が増えており、テレビCMでも「ネット申込みなら最大○○円割引」などと聞くようになりました。従来の対面型の手続きに比べると、保険会社にとっては見積もりや事務手続に必要な人件費を大幅に減らすことができる上、申込書や提出書類、その書類の確認業務も不要です。加入者が自分で手続きしてくれるなら、と保険料を安くすることができるのです。

割引額は各社で異なりますが、新規加入時の場合はおおむね5,000円~10,000円程度の割引が可能です。最大○○円となる会社の場合は保険料の額に応じて異なる場合がありますので、最大額で比較するよりも実際に見積もりをして、いくら値引きされるのかを確認した方がよさそうです。

インターネット申込みができない場合

保険会社によって規定は様々ですが、契約自動車が古い車や並行輸入車の場合、改造車の場合はインターネットで契約できない場合があるようです。また、法人契約の場合もインターネットでは手続きできない場合があるようです。その他にも数か月前に契約が切れてしまった保険がある場合なども対象外の可能性があります。

インターネット割引を適用するには、見積もりからすべて加入者が自分で行わなければなりません。難しい契約や、特殊な車の場合など間違いが起こりやすい契約はインターネットでは契約できないようにしているのかと思われます。

不明点は事前確認

全て自分で行わなければ適用されないインターネット割引ですが、わからないところを教えてくれないということではありません。どこの保険会社もコールセンターを用意しており電話で質問することが可能です。インターネットの操作ができることが前提となるため、どこをどのように操作するかなどの説明は断られることがあるかもしれませんが、契約内容についてわからないところがある場合はあらかじめ確認された方が良いでしょう。

特に等級を間違えて契約してしまうと、後に誤りが発覚して等級訂正となり、追加保険料を支払わなければならなくなることも考えられます。また、もしデメリット等級であることを伏せていても、保険会社同士は情報を共有しているため、虚偽の申告であることがばれます。正しい内容で契約するようにしてください。