1. ホーム
  2. 割引制度で安くなる
  3. ≫「衝突安全ボディ割引」で保険料を安くする

「衝突安全ボディ割引」で保険料を安くする

車の事故

自動車保険の保険料は、簡単に言えば、保険会社の支払いリスクが大きいほど高く、リスクが小さいほど低く設定されます。自動車保険の保険料を安くするためには事故リスクを少なくすれば良い訳です。そこで有効な手段の一つとして車の安全装置を充実させるということを考えてみてはいかがでしょうか。

自動車の安全装置の一つに「衝突安全ボディ」がありこれを契約自動車に装備している場合は割引が適用になることがあるのです。

衝突安全ボディとは

衝突安全ボディとは、「クラッシャブル」という衝突吸収構造を車体の前後に採用している車で、契約車両が一定の衝突安全基準を満たしている車の場合に割引するというものです。衝突安全ボディの車だからと言って事故が起きにくいということではありませんが、事故でのけがが軽く済む可能性が高くなるため保険料が割引となります。

衝突安全ボディ割引の内容

衝突安全ボディ割引は「搭乗者傷害保険」「人身傷害補償保険」「自損事故保険」の項目から10%程度の割引になることが多いです。安全ボディ割引の適用はあらかじめ決まった車に対してとなっていて、トヨタのクラウン、アリスト、セルシオ、日産のプレジデント、グロリア、シーマ、セドリックなどの高級車を中心とした車種が該当します。

このような衝突安全ボディの車に乗ることで、自分も安心して車に乗ることができ、割引を適用することができます。ただし、注意すべき点はこの割引が該当する車がどれも高級車であるということです。高級車であるということは万が一事故により車体が損傷した場合、修理代が高くつきます。つまり車両保険を付帯する場合には保険料が高くなるということになりますので注意してください。

車両保険を付帯するか否かでは保険料に大幅な違いが出てきます。安全ボディ割引があるというだけで保険料が安いということに直結するわけではありませんので、一つの安全装置の割引があるというところまでに留めておいてください。