1. ホーム
  2. 割引制度で安くなる
  3. ≫「エアバッグ装着割引」で保険料を安くする

「エアバッグ装着割引」で保険料を安くする

airbags deployed in a hit and run accident

自動車保険の保険料は、簡単に言えば、保険会社の支払いリスクが大きいほど高く、リスクが小さいほど低く設定されます。自動車保険の保険料を安くするためには事故リスクを少なくすれば良い訳です。そこで有効な手段の一つとして車の安全装置を充実させるということを考えてみてはいかがでしょうか。

自動車の安全装置の一つに「エアバッグ」がありこれを契約自動車に装備している場合は割引が適用になることがあるのです。

エアバッグとは

エアバッグはもう知らない人はいないほど有名な安全装置ですね。座席の前面に組み込まれていて、車が前方から大きな衝撃を受けた際に自動的に風船状のものが膨らみ、クッションの役割をして搭乗者を衝撃から守ってくれるものです。

エアバッグがついているからと言って事故が起きにくいということではありませんが、事故でのけがが軽く済む可能性が高くなるため保険料が安くなります。

運転席と助手席の両方にエアバッグが装着されているものはデュアルエアバッグと言い、側面からの衝撃に対応しているものはサイドエアバッグと言います。

エアバッグ装置割引の内容

エアバッグ装置割引は「搭乗者傷害保険」「人身傷害補償保険」「自損事故保険」の項目から10%程度の割引になることが多いです。デュアルエアバッグやサイドエアバッグの場合は割引率が高くなる場合もあります。しかしこれは保険会社や車種によっては適用されない場合もあります。

またもしかすると見積もりの際に特に選択する項目がないかもしれません。自家用普通乗用車と自家用小型乗用車には型式ごとに料率クラスというものが設定されています。

かつては一部の高級車にのみ装着されていたエアバッグの機能ですが、今ではすっかりスタンダードな安全装置となりほとんどの車に標準装備されているため、すでに料率クラスに反映されていて、別途割引項目として設定できない場合が多いようです。検討している保険会社で割引項目がない場合は確認してみると良いでしょう。

デュアルエアバッグの場合、運転席のエアバッグはハンドルに装着されています。まれに内装の改造でハンドルを交換することがあるかもしれませんが、その場合にはエアバッグの装備を確認されることをお勧めします。運転席がエアバッグ仕様ではなくなっていた場合、告知内容と相違することで事故を起こしても保険金が支払われないということにもなりかねません。