1. ホーム
  2. 自動車保険見直しのタイミング
  3. ≫満期前でも保険料を安くできるタイミングとは?

満期前でも保険料を安くできるタイミングとは?

満期前でも保険料を安くできるタイミングとして契約者次第で保険契約内容を毎月一度変更することが可能ですので、契約を見直して保険料を安くしたり、必要な保険を追加することも可能です。

月に一回、毛契約内容を変更することができるチャンス

自動車保険の更新は年に一回ですが、月に一回契約内容を変更することが出来ますので、保険料を安くすることができるタイミングは契約者がしっかり状況を理解し月一回のペースでて安くすることが可能です。
満期前でも、最も若い運転者が誕生日を迎えた際に年齢条件を変更する、自動車の使用目的が変わった場合などは、保険会社に通知すれば保険料が安くなります。年払い払いの場合でも、期間満了時に差額精算されて払いすぎた保険料の還付を可能とします。

車にABS等の安全装置を追加した際に

自動車にABS、エアバッグ、横滑り防止装置等を装備したら早速保険会社にこのことを連絡しましょう。メールやコールセンターを利用してこのことを報告するとその分の保険料を安くすることが出来ます。
十分に安全性の高い車は従来の保険料よりの割引率も最高で15%程度以上んになり。保険料を安くするタイミングはまさにこの機会とも言えます。

走行距離が1万kmに満たない車の場合には

保険料を安くしたい方、走行距離が1万kmに満たない車の場合、20%以上保険料が安くなります。
事故が起きた際にも細かいサポートを行い、示談交渉なども代行する保険会社があります。
走行距離が少ない分、補償に関しても割安に契約できる保険会社があります。またロードサービスなどから、事故への法的な弁護士コールセンターなどを用意している会社もありますので、保険の契約の際にはしっかりこのあたりに注目する必要があります。
保険料も60%以上が30日以内に支払われるなどサポートと迅速な手続きを行っている保険会社は信頼がおけ、自己時の対応にもかなり柔軟に活躍してくれます。

保険会社のコールセンター

保険会社のコールセンターではこのような「満期前でも保険料を安くできる」、または「お車の搭載している安全装置」、「保証内容の変更、確認」について細かく相談に乗っている保険会社もありますので保険料金を安くしたい方はまずはコールセンターを利用してアドバイスをしてもらいましょう。
保険には様々なシチュエーション、また保証内容によって保険ん契約内容が異なります。保険の契約内容の変更は月に一度行うことが出来ますので、見直しを行い、節約をすることもこまめに行うことが出来ます。