1. ホーム
  2. 自動車保険見直しのタイミング
  3. ≫自動車保険の見直しを行うタイミングとは?

自動車保険の見直しを行うタイミングとは?

自動車保険を見直す、契約条件を見直すタイミングは色々あります。基本的には月に一回契約な見直しを更新することが出来ますのでこまめに見直しを行うことが出来るのが基本的です。

契約更新時には自動車保険の見直しをするタイミング

契約更新時には自動車保険の見直しをするタイミングです。十分に保険の内容を確認することが大切です。
保険会社の中には利用できるサービスを十分に展開している会社があります。

契約者が24時間ロードサービスを利用することが出来る保険などもあります

また24時間の保険の悩み相談も受け付けている、また保険に入ると提携会社のホテルや、レストランを割引で利用することができる保険があります。
新車購入時も保険を見直すチャンスです。新車に一層の保険をかけるのは一般的です。盗難保険、車両保険は新車購入にはマストです。新車購入は中古車と違います。中古車の時には車両保険を安い車両保険にすることも出来ます。(補償の内容は各保険会社によります。)保険会社のサービス内容を契約の際にしっかり確認することが大切です。

子供が免許を取って自動車を共有するようになった

子供が免許を取得したが、基本的に車の保険は若年層は一層の保険料がかかると考えられます。そのため保険を十分に理解し、利用しやすく家族で利用することができる保険に切り替えたり、家族所有の車に家族で保険をかけるなどして対応するのが一般的です。

若年層程、税金の割合が高くなる

全年齢補償などもありますが、18歳以上の方から始まり、21歳以上の方が保険を利用することが出来ます。
保険の利用者の年齢によって税金の金額も変更になるので、お子様が免許を取った際にも自動車にかかる税金をしっかり確認しておくこと、また家族の人数によっては家族全員で利用が可能な全年齢補償等の方が使いやすく割安になる保険もあります。

具体的な年齢による保険料

「21歳以上補償」では平均年齢「30歳以上補償」よりも30%近い保険料を割増で支払うことになり、「26歳以上補償」では20%以上の金額を支払うことが求められます。「30歳以上補償」になれば落ち着いて支払いを行うことが出来、「35歳以上補償」になると「30歳以上補償」よりも約10%〜15%くらいの金額を支払うことになります。
子供が一人暮らしを始めた時にも保険の見直しを行いましょう。もし一人暮らしを始めたお子様がお車を購入し、お子様のみが保険に加入した際、購入した車に家族全員に有効な保険の場合に保険料は高くなりますので個人の保険に切り替えることが大切です。
免許を取得した年齢によっても料金が上下することになりますが、付き合いのある保険会社ならば、割引を行っている会社もありますので、家族で使用してきた保険会社に相談することから始めましょう。

子供が結婚して別世帯になった

お子様が結婚されて家を出たときには、この車の所有者を誰なのかを決めることが大切です。
家族の名義の車をお子様がりようするよりもお子様がご結婚された奥様との保険契約を結ぶほうが毎月の保険料金、また補償の範囲も充実することになります。
基本的には同居している家族間では保険を共有することができますが、他の場所に住んでいる家族間の保険は逆に補償されていないものもりますので注意が必要です。

通勤に車を使わなくなった

通勤でお車を使用しなくなった方は保険会社が提案している保険サービスを利用することがおすすめです。または自分で保険の条件設定を変更することをおすすめします。

ゴールド免許を取得した時

ゴールドカードを取得した際にはしっかり保険会社にこのことを連絡することが大切です。各保険会社はゴールド免許取得者への信用度も高く保険料が10%以上安くなりますのでお得です。