1. ホーム
  2. 車両保険を安くする方法
  3. ≫エコノミー型の車両保険を選べば保険料が安くなる

エコノミー型の車両保険を選べば保険料が安くなる

何年か保険料を支払ってきたが、保険料が高いのではないかと、気になっている方は保険料の見直しが必要になります。保険料の見直しを行っておくことは節約には大切な転機になります。そのままにしておけば保険料は変わらずなので、タイミングよく自分で保険料の見直しを行うようにしましょう。

どのように保険料を安くするのか

保険料を安くするためには保険会社の切り替え、または保険の条件確認を行い保険の契約内容を変更する。また保険会社の割引を利用することが大切です。
保険会社の契約内容を変更し、掛ける保険を縛ることなどで、保険料を安くすることが出来るようになります。

「エコノミー型」の車両保険を選べば保険料が安く

エコノミー型の車両保険は保険料を安くすることが出来ます。保険料をコントロールするためには保険を選択する際にはエコノミーは(車との事故だけをカバー)することが出来ます。
しかし保険会社の中には(単独事故以外をカバー)することができるものもあります。
保険会社のサービス内容によっては保険である程度の事故もカバーすることが出来、事故を起こしても起こされてもそこそこの補償をしているタイプの保証もあります。

「エコノミー型」、「ダイレクト型」を同時に活用

「エコノミー型」、「ダイレクト型」を同時に活用することで、更なる割引を期待することが出来ます。
基本的に「ダイレクト型」は契約の際の事務的な手数料を安くすることができるので、一般契約よりも年間10%近い割引を期待することが出来ます。
そのため今まで一般車両で(フルカバー)として保険を利用してきた方に比べて、「エコノミー型」、「ダイレクト型」を選択した方は約20%以上の割引を期待することが出来ます。
ダイレクト型自動車保険のデメリットは、まず、保険会社の担当者が契約を仲介しないので、無駄な手続きがいらずお安い契約が可能です。ダイレクト型自動車保険では、WEB、電話でのやり取りがメインになります。