1. ホーム
  2. 車両保険を安くする方法
  3. ≫「免責金額」を設定すれば車両保険が安くなる

「免責金額」を設定すれば車両保険が安くなる

お金と計算機

車両保険を抑える方法として、補償範囲を狭くするという方法がありますが、もう一つあります。それが免責金額を設定するという方法です。これは保険会社が保険金を支払うリスクを減らすというよりは、具体的に保険会社が支払わない金額を設定することで保険料を抑えるという方法です。

車両免責金額とは

車両免責金額とは、車両保険を使うことになった場合に自分が負担する金額の事です。例えば修理代が20万円かかることになった場合、車両免責なしの場合保険会社が20万円全額を支払いますが、車両免責金額を10万円と設定した場合は修理費20万円のうち、10万円を自己負担することになります。保険会社は残りの10万円の支払いでよくなりますので、免責金額を設定することにより保険会社は保険料を安くできます。

免責金額は保険会社や保険種類にもよりますが、5万、10万、0-10万、5-10万などの設定が可能です。途中にハイフン(-)が入っているものは保険期間中の1回目の事故が左の金額、2回目の事故は右側の金額で自己負担するという意味になります。自己負担をしたくない場合は免責金額0万円で設定します。

車両免責金額を設定していても自己負担しない場合

免責金額は全損になった場合は適用されません。全損であれば、車両免責金額をいくらで設定していたとしても車両保険金額全額を受け取ることができます。

また、全損でなくても相手のある事故の場合で相手からの支払額が、設定した免責金額を超える場合には自己負担額は発生しません。つまり車両事故で過失100%以外であれば、相手からの支払い分で大抵賄われることになり、自己負担額が発生するのは稀だという事です。

その他特約として「免ゼロ特約」を付帯している場合に自己負担しなくて良い場合があります。「免ゼロ特約」とは、1回目事故の免責金額を5万円に設定していた場合で、1回目の事故で相手車両が確認できた場合に限り免責金額は0円となる特約です。

これは「車両間衝突免責金額ゼロ特約」という名称であったり、各社呼び方は異なります。また会社によっては特約が用意されていない会社もありますので、付帯希望の場合は確認するのが良いでしょう。

車両免責金額を設定してしまったらせっかく車両保険を付帯しているのに、自己負担しなければならないなんて損だと感じる人もいるかと思います。しかし実際には負担しなくてよいケースもあるうえ、この免責金額を高く設定すればするほど保険料は安く抑えられます。免責金額をうまく設定するということも保険料を安くする良い手段と言えるでしょう。