1. ホーム
  2. 自動車保険の乗り換え
  3. ≫自動車保険を乗り換える際にチェックしておきたいポイント

自動車保険を乗り換える際にチェックしておきたいポイント

自動車保険の乗り換えを検討する際はまずは今加入の保険証券をよく見てみることをおすすめします。万が一の場合の保険ですから、契約時点ではよく考えて加入したとは思いますが、内容を忘れてしまっている人がほとんどなのではないでしょうか。自分がどのような目的で自動車保険を乗り換えたいのかパターン別に考えてみます。

運転する人が増えたり、変わる場合

運転者が変更になることにより保険料に影響を与える部分は以下の通りです。

  • 運転者限定
  • 年齢条件
  • ゴールド免許割引

今の加入状況では誰が運転できる状態になっているのか、運転する人が変わった後はどうなるのかをチェックしましょう。運転者限定の欄は各社表記が異なりますが、「家族型」や「本人・配偶者限定」などの表記があるでしょう。年齢条件については、「21歳以上担保」や「30歳以上限定」と表記されているかと思います。もしくは両方をひとまとめにして○×の表で記載されているかもしれません。

また、運転者の変更により免許証がゴールドになる場合は、ゴールド免許割引のある保険会社を選ぶと安くなるかもしれません。乗り換える会社ではどのように設定できるのかを確認して、乗り換えの比較をしてみましょう。

車を乗り換える場合

新しく自動車を購入したタイミングで保険会社の乗り換えを検討する場合は、自動車の性能による割引があるかをチェックしてみるのも良いでしょう。

  • エコカー割引
  • 福祉車両割引
  • 横滑り防止装置割引
  • ABS装着割引
  • エアバック装着割引
  • 盗難防止装置割引
  • 衝突安全ボディ割引

新たに購入した車の性能によりこれらの割引を適用できるかもしれません。乗り換える先の保険会社ではどのような割引制度を設けているかを検討材料にしてみましょう。

更新のタイミングで乗り換える場合

この場合に一番重要なのは満期日です。乗り換え期間に自動車保険に加入していない空白期間ができてしまうと万が一にもその間に事故があっては困ります。空白期間が長くなるとそもそも等級を引き継げなくなるルールもあります。自分の加入している保険の保険期間を必ずチェックしておきましょう。

その他各社様々な特約を用意しています。現在の保険会社では付帯できなかった特約が他社では付帯できるかもしれません。何はともあれ、まずは現在加入中の保険会社の契約状況をよく把握することが大切です。