1. ホーム
  2. 自動車保険の乗り換え
  3. ≫新車購入時に自動車保険を乗り換えることで「新車割引」をよりお得に!?

新車購入時に自動車保険を乗り換えることで「新車割引」をよりお得に!?

自動車保険には各種割引がありますが、新車の場合は新車であるだけで割引が適用できる、とてもお得な割引がついてきます。割引率は各社で差がありますが、10%以上の割引が適用される会社もあるようです。等級進行の割引率は8等級以上の場合、1等級上がるごとに1%~3%割引率が上がります。わりと地道なアップなので、これを考えると新車割引の割引率はとてもありがたい割引です。

新車割引の定義

自動車保険における新車割引とは、初度登録より25ヶ月以内に保険始期がある場合に割引を適用するというものです。初度登録より25ヶ月以内、すなわち2年と1ヶ月以内に保険を開始すれば新車割引を受けられるというのがポイントです。

ちなみに初度登録年月とは、その車が運輸支局や軽自動車検査協会に初めて登録された年月のことです。これは車検証に記載されています。交付年月日と間違いやすいのですが、交付年月日は車の持ち主が変わった時など、車検証の内容に変更があった日が書かれています。新車であればおそらくどちらも同じ年月が書かれているかと思いますが、間違えないように確認してください。

新車割引の裏技

車を買い替えた場合、通常は保険会社はそのままで車両入替の手続きだけをするでしょう。加入している保険会社にこだわりがあるのならそれももちろん良いのですが、この新車割引をうまく活用するには保険会社の乗り換えがおすすめです。

車両入替をした場合、新車割引の適用期間は現在の保険期間の残り期間と、更新後の1年間となってしまいます。しかし保険会社をこのタイミングで乗り換えるとするとどうでしょう。新しい保険会社で改めて保険を開始することになるので、保険始期日が属する月が初度登録年月の1ヶ月目となります。そして次の次の更新時でちょうど25ヶ月目となります。

新車割引をなんと3年間も適用できる裏技なのです。新車割引は1年契約の保険期間の途中でなくなることはありません。25ヶ月目で適用した契約の際に2ヶ月目から適用されなくなるわけでなく、その1年間はずっと適用していられるのです。

ただし保険期間の途中で解約をして新しい保険会社へ乗り換えすることとなりますので、等級進行が遅くなるデメリットがあることはご理解ください。しかし等級については進みが遅れるだけで、割引がなくなるものではありません。新車割引は適用期間が定められていますので、こちらを最大限に活用した方が絶対的にお得だということです。