1. ホーム
  2. 自動車保険の乗り換え
  3. ≫自動車保険の乗り換えはどのタイミングがベスト?

自動車保険の乗り換えはどのタイミングがベスト?

自動車保険の乗り換えは基本的にはいつでも可能です。ただし、その目的によってはベストなタイミングがあります。自分がどのような目的で自動車保険の乗り換えをしたいのか、パターン別に考えてみましょう。

運転する人が増えたり、変わる場合

自動車保険の保険料は、契約自動車を主に運転する人すなわち記名被保険者によって大きく影響を受けます。今までは自分が記名被保険者で家族で使用していたが、これからは子供一人が乗るようになる場合。例えばゴールド免許割引が適用されていたものが、適用されなくなるなど保険料が高くなることが考えられます。

そういった場合には運転者の範囲を狭めることで保険料を抑えることが可能です。今回は子供一人が乗るようになるため、運転者限定については家族限定よりも範囲の狭い、本人・配偶者限定や本人限定などの設定が可能です。

今加入している保険会社で、それら範囲を狭める設定ができない場合は乗り換えを検討してみるタイミングとして最適かと思われます。

新車を購入した場合

車を乗り換える場合には中古車を購入する場合と新車を購入する場合があるかと思います。実は新車を購入した場合には保険会社の乗り換えを検討するベストタイミングとなります。契約自動車が新車の場合はとてもお得な「新車割引」がついてきます。

今加入している保険会社のままで車両入替をしても新車割引の適用は可能です。それならそれで良いと思うかもしれませんが、新車割引は最大3年間の適用が可能です。今加入している保険会社で車両入替をした場合、適用期間は現在の保険期間の残り期間と、更新後の1年間となってしまいます。ところが、この新車購入のタイミングで自動車保険を乗り換えると、なんと最大期間の3年間の適用が可能になるのです。

まずは、新車割引の適用期間を最大限活用するために保険会社の乗り換えを検討しましょう。また、新車割引の割引率は各社設定が異なりますので、気になる保険会社数社で見積もりをしてもらい、比較されるのが良いでしょう。

比較検討には時間を要することがあるため、購入する車が決まった時点で見積もりを依頼しましょう。納車になったらすぐに乗れるように早めに準備を進めておくことが必要です。

状況は変わらないが保険料を安くしたい場合

保険会社を乗り換える手続きはいつでも可能です。ただし、せっかく安くなる保険会社に乗り換えるのに、保険料を無駄に支払うことになってはもったいないです。保険料を安くしたい場合に損をせず乗り換えるベストタイミングは自動車保険の更新時期です。

自動車保険には等級という制度があり、無事故で保険を長く継続していると等級が進み、どんどん保険料の割引率が上がっていく仕組みになっています。等級の進行は、1年間事故なく保険契約を継続していた場合に次年度1等級上がるルールになっています。

契約更新のタイミングであればちょうど1年間経過した状態なので、事故がなければ新しい保険会社では今までより1等級上がった等級で開始されます。しかし契約期間の途中で保険会社を乗り換えてしまうと、今までと同じ等級で改めて1年間等級進行を待たなければならなくなります。

保険料を安くしたい場合には自動車保険の更新時期に乗り換えを検討してください。また、乗り換える日にちは満期日と同日になるように手配します。自動車保険に加入していない空白期間ができると万が一にもその間に事故があっては困りますし、空白期間が長くなるとそもそも等級を引き継げなくなるルールもあります。

自動車保険の満期のお知らせはおそらく満期の1~2ヶ月前には届くと思われます。その時点で乗り換えを検討していきましょう。数社の保険会社を比較する場合には時間を要する場合があるため、なるべく早めに見積もりをもらうことが必要です。