1. ホーム
  2. 自動車保険を見直すポイント
  3. ≫補償が重複していませんか?付帯している特約を見直してみよう

補償が重複していませんか?付帯している特約を見直してみよう

特約を付帯することで補償を充実させることができるので、自分な様々な事故やアクシデントのシチュエーションを比較した時に充実した保険は運転の際に、非常に安心どもありますが、その分の保険料アップしますので、その分の年間の保険料の負担はかかります。

契約者の方と異なる金額

保険は安全を意識して多くのオプションを搭載した時に、支払う金額は40%以上他の契約者の方と異なる金額になることもあります。
そのため十分に自分が投資する金額をコントロールすることも無駄な補償等をなくし、今よりも負担のかからない保険料に切り替えることが出来ます。
補償が重複している方は、付帯している特約を見直した時に、搭乗者傷害保険等を比較することが出来ます。この搭乗者保険に箸王保険も含まれます。

カーライフの変化に合わせて整理する搭乗者傷害保険

生活環境やカーライフの変化に合わせて整理する搭乗者傷害保険は座席ベルトを装着した事故死亡の場合に保険金額の30%を支払う保険金を受けることが出来、部位症状別払いや死亡保険なども同時に付帯することが出来るようになります。
保険会社によっては支払う金額やカテゴリの保険金の支払いに掛かる割合が異なります。
そのためA者では死亡保険について30%でもB者の保険会社の時には40%の保険金になるケースも多く、利用者が十分に理解することが大切です。

体の以上に関わる多くのシチュエーションを想定した補償

またこのような保険が必要ないと思っている方、または他の生命保険などに加入している方は保険内容は重複している可能性も大いにあります。
生命保険でも車の保険のように体の以上に関わる多くのシチュエーションを想定した補償、または該当する補償を取り扱っている生命保険もあります。
利用者がしっかり必要があるのかないのかを分けることが大切です。

補償の重複が無いかを確認

補償の重複が無いかを確認した時に対人賠償保険は必ず必要な要素になります。
対人事故での補償がない時に支払う金額はかなりの高額になってしまうことは言うまでもありません。そのため対人賠償保険はマストです。

自損事故保険の必要性

自損事故保険については保険都して必要かどうかを検討する余地はあります。不注意でガードレールや電信柱にぶつかってしまった時などにも管理している団体に高額な金額を請求されてしまうことなどもありますが、安全運転で無事故のドライバーにとっては必要ない補償になる可能性もあります。
このように自分にとって必要か、そうでないのかを見直しの際に再検討することで保険料を安くすることが出来るようになります。
補償の重複が無いかを確認することが出来れば、保険料を安くすることが出来るチャンスです。無駄を削減して経済的な金額に見直しを図ることをおすすめします。
付帯している特約を見直しすることで、十分に自分で納得する金額に調整することが出来るようになります。
特に今までに支払っていた金額が高いと感じてきている方は見直しの機会です。