1. ホーム
  2. 自動車保険を見直すポイント
  3. ≫「搭乗者傷害保険」を外して「人身傷害補償保険」のみにすれば保険料が安くなる

「搭乗者傷害保険」を外して「人身傷害補償保険」のみにすれば保険料が安くなる

自動車保険の内容は基本的に自動車保険には7つの補償があります。、1.対人賠償保険、2.対物賠償保険、3.人身傷害補償保険、4.自損事故保険、5.無保険車傷害保険、6.搭乗者傷害保険、7.車両保険と分かれていますが、この中でも保険を外し節約するとしたら、まず検討したいのが「搭乗者傷害保険」を外して「人身傷害補償保険」にするということです。このことを行っておけば、

「搭乗者傷害保険」とは

搭乗者傷害保険とは、クルマに乗っていたすべての同乗者に対して自動車事故を原因とした定額の保険金が支払われる保険です。
そのため事故が原因で傷害状態になった場合に支払われる保険金になります。座席ベルトを装着して死亡された場合に適応される保険になります。

「人身傷害補償保険」は

「人身傷害補償保険」車に搭乗中の方が、自動車事故により死亡した時、重い後遺症や傷害になってしまった時に補償の対象となる保険です。
細かく説明しますと、逸失利益+精神的損害+葬祭費、後遺障害の場合→逸失利益+精神的損害+将来の介護料と明記することができます。
搭乗者傷害保険に比べると人身傷害補償保険は割高になります。この二つの違いは保険金の内容が異なります。また保証の対象となる事故も区別でき、搭乗者傷害保険は死傷された人に関わらず、契約時の定額の保険金を支払うことになります。

両方に入ると保険料が高くなる

この時に両方に入ると保険料が高くなるのでどちらか一方を選択して、保険に加入することをおすすめします。
保険は万が一のことを考えるとあったほうが良いと考えられますが、しかし多くの事故のケースでは人身傷害補償保険は、使用しないケースもありますので、いらないと考えることも可能になります。

相手が加害者となった事故

保険会社の事務的な手続きにおいては相手が加害者となった事故では相手の保険会社の一括払いでの請求を、相手の任意保険で賄っていくのが基本です。
そのため自分が加害者にならないように注意して運転を継続すれば、使わない保険として認識することも出来るようになります。
このようにしっかり保険の内容を確認して保険料の節約を行いましょう。人身傷害補償保険のみの付帯で搭乗者傷害保険の未加入契約について検討することも大切です。自動車保険に加入する前にこのことを理解していれば通常よりも5-10%は安くなりますので、かなり節約に向いています。
また見直しの際にもこのことを確認でき、自分で判断して保険の契約内容を変更することも可能です。