1. ホーム
  2. 自動車保険を見直すポイント
  3. ≫自動車保険の基本的な補償を見直す

自動車保険の基本的な補償を見直す

自動車保険の基本的な補償の内容を紹介しつつ各保険の補償額はどの程度にすれば良いか、どのような場合に必要なのかを確認しておきましょう。

7つある補償内容

基本的に自動車保険には7つの補償があります。

  1. 対人賠償保険
  2. 対物賠償保険
  3. 人身傷害補償保険
  4. 自損事故保険
  5. 無保険車傷害保険
  6. 搭乗者傷害保険
  7. 車両保険

この中でも節約のために付帯するか選択できるのが搭乗者傷害保険になります。
搭乗者傷害保険は座席ベルトを装着した事故死亡の場合に保険金額の30%を支払う保険金を受け取ることができます。部位症状別払いや死亡保険も付きます。

対人賠償保険ドライバーの人権をも守る保険

対人賠償保険は運転中に事故を起こして相手に怪我をさせたり、死なせてしまった時に支払う保険になります。
この保険はかなり大切でドライバーの人権をも守る保険です。もし人身事故を起こしてしまった等の時にはこの保険を利用することになります。
対人賠償保険の金額をいくらに設定するかを検討した時に、もちろん「無制限」の方が安全で保証されます。
対人賠償保険に入っていないで事故を起こし相手が死亡などしてしまいますと、損害賠償は軽く一億円を超えることになりますので注意が必要です。

人身傷害補償保険や.自損事故保険とは

人身傷害補償保険は基本的に実際にかかった損害額を補償する保険で、車に乗っていないときの事故も補償しています。
契約者本人とその家族に適応冴えれる保険でもあります。相手のいない単独事故の損害も補償されますので、不注意でガードレールや電信柱にぶつかってしまった時でも保険として利用することが出来るようになります。
自損事故保険も、障害物に車をぶつけてしまった時などの状況を保証する保険になります。
無保険車傷害保険は重大な事故に対して適応される保険になります。そのため後遺症害や死亡事故においてのみ適応されることになる保険です。

保険料をダウンさせるチャンス

車両保険は自分の車を補償してくれる保険ですので、事故などの際にこの保険を利用することができるようになります。
特に新車を購入したり、高級な車を購入した方にはマストな保険になります。この車両保険を使うことで保険料が上がってしまうこともあります。
見直しの前にこのような条件をしっかり確認しておくことが必要になります。しかし保険の中には等級プロテクトなどもあり保険を使用しても保険料がそのまま契約もあります。

車両保険で車を修理するのかを調整

さてこの保険をすべて見直しをして各保険の補償額はどの程度が妥当化を知ることが大切です。そのため利用者は気持ちよく契約金を支払うことが大切です。
これは数万円の保険料をダウンさせるチャンスです。しっかり金額をトーンダウンできる節約に有効なので、車両保険をつけたままで節約を行うこともできます。これには「免責金額」の設定がおすすめです。
どこまでを車両保険で車を修理するのかを調整することが大切です。これを行うだけでも数千円から10,000円は節税することができるようになりますので、非常に調整しやすい節約方法になります。

日常、レジャー、通勤、通学、業務都分類

運転者の「年齢条件」と「運転者の範囲」を変更する事で大幅に金額を変更することができます。車に乗る目的や回数が変わった場合も節約を可能にします。
この時には使用目的を変更すること、日常、レジャー、通勤、通学、業務都分類することができますが、この中でも使用頻度が低い「日常やレジャー」は保険料が最も安く、「業務」にすると保険料が最も高くなります。
このことをしっかり把握しておくことが大切で、節約をしたい方に是非おすすめできます。
今よりもリーズナブルな保険料に切り替えたい方はこの方法をチャレンジしてみてください。
このように年齢条件や、運転者の範囲を見直すことによって十分な節約をう貼り行うことが出来るようになります。