1. ホーム
  2. 自動車保険を見直すポイント
  3. ≫車を運転する人は誰?運転者を限定することで保険料が安くなる

車を運転する人は誰?運転者を限定することで保険料が安くなる


運転者を限定し保険料を安くしましょう。保険料は常に自分が支払うことが出来る金額に調整することが大切です。しっかり調整することが出来るように、今支払っている金額と、運転者を限定した金額がどのくらいの比率で安くなるのか、保険会社ごとに比較したり、保険の内容を確認して組み直しなどを行うことが大切です。

運転者を限定して保険料を節約する(運転者限定特約)

自動車保険は通常、人に保険を掛けるという考えではなく車に付帯するものになります。
契約者以外の方が運転している事故においても、補償を受けることが可能で、多くの受けることが出来るようになります。
自分の車の運転者を自分で定め、誰が運転する化を限定することが大切です。利用者を定めること、ドライバーを限定することが出来れば、運転をした時に事故を起こしても補償されます。
限定者を絞りきっておくことで、保険料を安くすることが出来、(運転者限定特約)は自動車保険が高いと感じている方にはマストな見直し方法になります。

また自動車保険なども運転者を限定する特約は適用されない

自動車保険には主に「家族」や「契約者と配偶者」「契約者のみ」の3種類になり、ドライバーを限定することで、十分な割引を期待することが出来ます。この限定に分けることで、保証が適用される内容も変化します。
「契約者のみ」の契約は各家庭に車が一人一台ある時に割安に契約をすることが出来、お安い自動車保険を約束します。自分以外は車を運転することができませんが、保険料が断然に違います。
保険料が高、自分以外の家族が運転することも出来る保険内容で、高いと感じている方におすすめすることが出来る保険です。
もちろん契約期間中に保険内容を変更することも可能ですので、ご家族のお車の所持の形態に合わせて変更することも可能です。
即変更を行うことが出来、契約者のみに補償が適用されるケースでも、変更し一時的に家族全員が車を運転可能になり、ドライバーの方、全ての方が補償を受けることが出来るようになります。

運転者限定特約

運転者限定特約の契約内容を何度も変更することが出来ます。そのため利用者が再び保険内容を変更可能で、運転者限定特約を変更する際には事前に保険愛車に連絡を行うことが大切です。
変更の際には返金、保険料の追加支払いも発生する可能性もありますので、非常に利用しやすく、ケースバイケースで保険の契約内容を変化することが出来ます。

「他車運転危険担保特約」

保険会社では「他車運転危険担保特約」を利用することが出来る会社もあります。この「他車運転危険担保特約」を自動車に付帯することで、他人の車を、借りて運転していくことでも補償を適用可能になり、安心してお車を運転することが出来るようになります。
保証内容は保険会社により異なります。地震や家族の怪我、急な事故によっても補償が適用されるので契約している条件をしっかり確認することが大切です。