1. ホーム
  2. 自動車保険を見直すポイント
  3. ≫自動車保険の「年齢条件」を見直すことで保険料が安くなる

自動車保険の「年齢条件」を見直すことで保険料が安くなる

自動車保険の年齢条件をしっかり見直しましょう。自動車保険は年齢によってその支払う金額が異なります。特に年齢が若くなればその分の支払い金額も、多くなること、基本的に保険会社の対象として「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」「35歳以上補償」都区別することが出来ます。

若年ドライバーこそ支払うべき金額が高くなる

21歳になった時には月に約6,000円の支払い金額が、26歳になったときでは月に約2,000円以上も安くなります。
この理由として若年ドライバーの事故率を上げることが出来るようになること、また若年ドライバーは保険会社との信頼がないことを上げることが出来ます。

保険料が決まる条件

運転できる人を限定することでリスクを分散し、その分の保険料を安くすることが出来るようになります。保険料を割安にするためには運転者の限定で定めているのが年齢制限になります。
全年齢補償などもありますが、この和尚は18歳以上の方が対象になります。また21歳以上補償になると18歳のドライバーは保険適用外になります。家族の中で年齢層に差がある方には限定条件に合わせる必要があります。
年齢が限定で適用されるのは記名被保険者の同居の親族なケースが多く、自動車保険によって運転するドライバー全てに適用されるものもあり、契約内容をしっかり確認しておくことをおすすめします。

ゴールドカードの方はさらに割安になるチャンス

35歳以上のドライバーの方でゴールドカードの方はさらに割安になるチャンスです。
このように保険の節約を行っていくことで毎月の支払い金額も十分に下がり負担のない保険料を設定することが出来るようになります。保険会社によってかなり優遇する会社もあります。

中間年齢層の「26歳以上補償」

「26歳以上補償」は自動車保険者の8割を占める割合で加入者の多くが当てはまります。基本的に年齢が高くなるほど保険料が安くなるのでこの年齢層は比較的安くなる傾向があります。

保険は一度入ったら放置しないこと

保険は一度入ったら放置せずに、常に見直しを図っていくことが大切です。
しっかり見直しを図ることが出来れば、その分のコストをしっかりカットすることが出来るようになりますのでお得に取引を行うことが出来ます。そのままにして高い保険料を気づかずに支払っている方も多いのが現状です。

保険をシュミレーションする

保険をシュミレーションすることが大切です。自分で必要な分のコストを支払うのみで運転のスタイルに合わせた保険料を支払うことが最も大切です。
またご家族での保険の加入の際にも、家族に似合う保険会社やサービスを選択することをおすすめします。
運転者を限定し保険料を安くしましょう。保険料は常に自分が支払うことが出来る金額に調整することが求められます。
しっかり調整することが出来るように、今支払っている金額と、運転者を限定した金額がどのくらいの比率で安くなるのかを検討することが大切になります。