1. ホーム
  2. 自動車保険を見直すポイント
  3. ≫自動車保険を見直すポイントは?

自動車保険を見直すポイントは?


自動車保険を見直すポイントは色々とあります。まず全ての契約内容、保証の確認を行うことが大切です。保証事項の記入欄にて(契約書)で確認を行うことが出来るようになりますので、保険料の確認。また保証の確認、受取人と被保険者の確認、保険料振込期間の確認、保健機関の確認、解約返戻り金の確認を行うことが大切です。

見直しの確認事項

保険金額は遺族年金や死亡退職金、貯金額を考慮した金額都なっているか、保証にダブリや重複の確認も行うこと、またそのほかの保険との保証内容を確認し重複しているかどうかを確認しましょう。
保険期間の見直しもしたいところ、保険期間をそのまま保険会社にお任せしていて自分で把握していない方は保証したい期間を絞ることで保険料を抑えることが出来るようになります。
保険料を見直すことは大切です。保険期間をしっかり見直すことで自分がどのくらいの金額を支払うことができるのかをしっかりはっきりさせることが出来るようになります。

保険料の平均

保険料の平均は生命保険文化センターによると月々の月額平均1.45万円です。年収が300~500万円未満になると若干高くなり、月額平均1.63万円になります。
料金が負担に感じている方は今一度自動車保険を見直す必要がある方です。自分の保険内容をしっかり確認することが大切です。
男性で平均2.1万円、女性で平均1.5万円と分かれるので注意してください。基本的に女性の方の方がお安い保険料になります。

「条件」や「割引」を比較

見直しのポイントは「条件」や「割引」を比較しておくことが大切です。条件は等級、年齢、運転者等や車種走行距離などの条件を確認することが可能です。
また自分とマイカーの条件を確認することも大切で、ハイブリッドエコカーをお持ちの方は割引を利用することができ保険料も一段と安くなります。
安全装置や、盗難装置を付帯している車種に関しても割引を適応することが可能です。今一度見直しをしっかりしておけば自動車保険を安く見直す事が出来るようになります。

ダイレクト自動車保険へ乗り換える(見直時に)

ダイレクト自動車保険に切り替えることで割引を行っている保険会社もあります。インターネット契約割引は非常にお得、ダイレクト型(通販型)なので手間がかからない分割引され、契約者と保険会社が直接契約を結ぶ自動車保険です。
保険料の安さと契約の手軽さが最大のメリットになります。

自動車保険の一括見積もり

ダイレクト自動車保険「ダイレクト型」のメリットとして自動車保険の一括見積もりをシュミレーションすることができること、そのためオンラインで自分の契約内容を確認することが出来るようになり、相談や、見積もりは電話やメールですべて完了することができ便利な点もメリットです。
基本的に自動車保険の保険料は「純保険料」と「付加保険料」2つに分けることが出来ます。「付加保険料」は代理店手数料といったコストなども含めています。
手数料のようなものですがネットの取引を可能にすることで契約者への割引を可能にしている保険です。

ダイレクト型自動車保険は、代理店の経費がかからない

インターネットや電話で、直接保険会社と契約が可能なダイレクト型自動車保険は、代理店の経費がかからない分、必要な経費や人件費などのコストを抑えられます。保険料が安いのが最大のメリットです。
乗り換えるだけで簡単に節約できるので乗り換えを検討しましょう。契約前の情報収集や契約手続きをしっかり行い、キャンペーンなども利用できる保険会社を選択することをおすすめします。
使いやすい証券会社はダイレクト型の証券会社がおすすめ。

車両保険は保険料を大きく左右

車両保険も十分に気をつけるポイントです。車両保険は保険料を大きく左右し、利用者の状態によっては事故を起こして車両保険を利用することが出来ますが、修理費が安ければ自腹で修理の選択をすることで、かなりのお幅な節約を行うことが出来るようになります。
数万の保険料をダウンさせることが出来ますので、節約をしたい方にはかなり有意義な節約を行うことが出来るようになります。