1. ホーム
  2. 軽自動車の保険料の相場
  3. ≫軽自動車の自動車保険の補償はどうする?

軽自動車の自動車保険の補償はどうする?

まずは対人・対物賠償無制限を設定

軽自動車の自動車保険に加入する場合でも、対人賠償・対物賠償は無制限としておくことが基本です。軽自動車でも、交通死亡事故や、相手方に対して重度の後遺障害を残すような交通事故を起こす可能性は十分に考えられます。そして、その場合には、非常に高額の賠償金を請求されることが予測されます。

また、運転を誤った自動車が住宅などに突入して、住宅などを破壊する事故も頻発しております。このようなケースでは、多額の補修費が必要になる場合も十分に考えられます。

ですから、そのような場合でも、生活が破綻しないように、対人賠償・対物賠償は無制限としておくことが無難です。自動車保険の補償のメインはこの2つの補償ですから、軽自動車の保険の場合でも、対人・対物賠償無制限は必ず補償内容としておきたいものです。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険について

次に、人身傷害保険や搭乗者傷害保険の設定を考えます。人身傷害保険や搭乗者傷害保険は、どちらも自動車事故により、契約車両に搭乗中の方や同乗中の方が、死亡、ケガ、後遺障害などを受けた場合に、その損害を保険会社から補償してもらえるという保険のことです。

人身傷害保険の場合は、契約車両に搭乗中や同乗の方が交通事故により、死亡、ケガ、後遺障害を受けた場合、その過失割合に関わらず、契約金額を上限として、その受けた損害額の全額を補償するというものです。

一方、搭乗者傷害保険は、同じく契約車両に搭乗中や同乗の方が交通事故により、死亡した場合又は後遺障害を受けた場合には、あらかじめ定められた金額の補償を受けることができます。また、ケガをした場合にも、実際に被った損害額ではなく、ケガの内容によってあらかじめ定められた賠償金が支払われます。

人身傷害保険も必ず設定しておいた方が良い保険です。その設定金額の目安は3,000万円から5,000万円です。なお、搭乗者傷害保険については、補償内容が人身傷害保険と重複するので、人身傷害保険を設定した場合には、搭乗者傷害保険を付けないか、付けても設定金額を500万円~1,000万円程度としておくのが経済的です。

車両保険について

車両保険については、保険の対象となる自動車の状態によって付けるかつけないかを判断します。最近では、軽自動車でも高級感がある車両が増えておりますが、新車でこのような高級感のある車両でしたら車両保険は付けた方がいいでしょう。

反対に、中古車で、市場価格が100万円にも満たないような車両でしたら、車両保険を付けると自動車保険が割高となり、この場合には、車両保険を付けないほうが経済的といえるでしょう。

なお、車両保険にも、幅広い車両事故を補償の内容とする一般型と、単独事故や当て逃げなどによる車両事故に対する補償がないエコノミー型など、様々あります。ですから、車両価格に応じて、適切な車両保険を選択して保険に附帯させるのが一番用方法となります。