1. ホーム
  2. 自動車保険を安くする方法
  3. ≫自動車保険の一括見積もりで保険料を安くする

自動車保険の一括見積もりで保険料を安くする

Beautiful young businesswoman working in office

以前自動車保険は「自動車保険料率算定会」が算出した保険料率を使用することが義務付けられていました。車種、ドライバーの年齢、事故歴などによって保険料は異なっていたものの、保険会社間での自由競争は厳しく規制されていました。どの保険会社に加入しても、補償内容が同じなら保険料も同じく横並びという状態でした。

しかし、1996年に日米保険協議の最終合意によって自由化が始まり、自動車保険料率算定会の料率を使用しなければならない義務も廃止されてからはどんどん外資系の保険会社も日本の自動車保険業界に参入することとなり、保険会社が多様化しました。

自由化以降、多様化した保険会社は独自で割引制度を設けたり、割引率も様々に設定することができるため、同じ補償内容だとしても保険会社により補償内容が異なる現状になったのです。利用者にとっては最適な保険会社を選べるようになったことはありがたいことではありますが、保険会社の種類が多すぎてどの会社を選べば良いかに頭を悩ませることになりました。

一括見積サイトのメリット

そこで、インターネット上には便利な自動車保険の一括見積りサイトが現れました。複数の保険会社と提携しているサイトであれば、いちいち各保険会社のサイトに行って補償内容を入力しなくても、一括見積りサイトで1回入力するだけで、それぞれの保険会社の保険料を比較できるのでとても便利です。

一括見積サイトではサイトによって10~23社程度の会社の中から数社を一括見積できるようです。免許証や保険証券・車検証などを手元に用意し必要事項を入力していきます。最短5分程度の入力とありますが、実際はそれ以上かかるかと思います。しかし各保険会社のサイトに行くよりは時間短縮になります。

補償内容の見直しなど様々な手段で保険料を安くすることができますが、すでに自分に最適な補償内容を把握されているのなら、最終手段は各社の比較です。ぜひ一括見積サイトを利用して、自分に最適な保険会社をみつけてください。

一括見積サイトの注意点

一括見積サイトを利用するときにはまず基本的な保険内容や用語をしっかり理解しておかなければ自分で項目を選択することができません。また、実際には同じ補償内容で見積もりをしても、各社で自動補償となるものやセットで補償されるものなど様々です。出来上がった見積もりを見て、金額でだけで選ぶのではなく、どのような内容になっているかを併せて確認することも重要です。