1. ホーム
  2. 自動車保険を安くする方法
  3. ≫ダイレクト自動車保険が安い!

ダイレクト自動車保険が安い!

ダイレクトお姉さん

保険会社には代理店型の保険会社とダイレクト型の保険会社があります。ダイレクト型の保険会社の方が保険料が安いというのは広く知られています。安いに越したことはないのですが、それぞれの保険会社の特徴とメリット・デメリットも含め検討していただけると良いと思います。

ダイレクト型保険の特徴とメリット・デメリット

販売方法 電話・インターネット
取扱商品 インターネット申込割引などの独自の割引サービス・全体的な保険料が安い
相談・見積もり 自己収集

メリットとしては、何と言っても保険料が安いことです。保険会社にとっては見積もりや事務手続に必要な人件費を大幅に減らすことができる上、申込書や提出書類、その書類の確認業務も不要です。その分保険料を安くできるのです。また、24時間いつでもインターネットを利用して見積もりや申込みが可能なため、忙しい人でも手続きしやすいことはメリットです。

デメリットとしては、自動車保険には様々な専門用語が出てきます。ひとつひとつ電話やメールで問い合わせるのは面倒なため、代理店の人に直接その場で聞けた方が楽だという考え方もあるでしょう。また、中には高級外車や特殊な車両では加入ができない保険会社もあるようです。

代理店型保険の特徴とメリット・デメリット

販売方法 代理店担当者手続き
取扱商品 生命保険など自動車保険以外の扱いがあることも多く、トータルで申込みが可能
相談・見積もり 担当者にアドバイスをもらいながら設計できる

メリットとしては契約前の補償内容の相談から事故の際まで、顔見知りのプロの担当者からアドバイスをもらうことができることが一番だと思われます。事故には巨額なお金が動き、様々な法律が絡んでいるので素人にはなかなか難しい領域です。担当者がついているという安心感はメリットとなるでしょう。

デメリットとしてはコンサルティング要素がある分保険料が高く、ダイレクト型の保険会社に比べて保険料の目安は1.5倍ほどになると言われます。また、何においても担当者を通すため、契約までの手続きは担当者との都合を合わせなければなりません。

ダイレクト型保険は安くても大丈夫か

保険料が安い分補償は大丈夫なのか心配だという人もいるでしょうが、自動車保険の保険料は「純保険料」と「付加保険料」の2つの要素でできています。純保険料は、契約者に保険金を支払うためのもととなる分です。付加保険料は、保険金の支払い以外に必要な人件費や代理店手数料、代理店の店舗経費などの会社の運営に充てられる分です。

ダイレクト型の保険の場合も代理店型の保険の場合も純保険料の部分は変わりません。変わるのは付加保険料の中の代理店手数料や広告・人件費などですから補償についてはどちらの保険の場合も変わらないので不安に思う必要はないのです。