1. ホーム
  2. 自動車保険を安くする方法
  3. ≫「搭乗者傷害保険」を外して「人身傷害補償保険」のみにする

「搭乗者傷害保険」を外して「人身傷害補償保険」のみにする

Assurance voiture

人身傷害と搭乗者傷害はどちらも傷害保険のくくりとなり、自分側の補償になります。代理店や保険会社に任せて保険の契約をしていると、思っている以上に補償が厚くなっていることがあります。人身傷害と搭乗者傷害の違いを理解して、必要な補償にだけ絞ることで保険料を安くすることができます。

人身傷害と搭乗者傷害の違い

人身傷害と搭乗者傷害の違いは、簡単に言うと人身傷害が実損払い。搭乗者傷害が定額払い。という違いです。人身傷害が運転者(自分)だけの補償で、搭乗者傷害が一緒に乗っている人の補償だと思われている人がいるかもしれませんが、実はどちらも運転者と一緒に乗っている人両方のけがなどを補償する保険なのです。

人身傷害

人身傷害は実損払い。つまりかかった費用が補償されるということですが、具体的には何になるでしょう。人身傷害で支払われる保険金は

入通院の場合 治療費の実費+休業損害(働けない間の収入分)+精神的損害など
後遺障害がある場合 治療費の実費+逸失利益(働けなくなった事で失った将来の収入)+精神的損害+将来の介護料など
死亡の場合 治療費の実費+逸失利益(働けなくなった事で失った将来の収入)+精神的損害+葬儀費用など

定めた保険金額を上限としてこんなに補償してもらえるのです。

搭乗者傷害

搭乗者傷害は、実際にかかった金額とは関係なく、死亡した場合の定額金とけがの部位や症状、入院日数によってあらかじめ保険会社により定められた金額が支払われます。 部位や症状とは一部例として以下のような表となります。

症状 頭部 背部・腰部 手指
打撲・捻挫

5万円 5万円 5万円
骨折・脱臼

75万円 40万円 15万円
神経の損傷

100万円 60万円 30万円

項目はもっと多くある場合もあれば、もう少し大枠で定めている場合もあります。

ですから、人身傷害を付帯していればけがなどの実際の費用は補償され、搭乗者傷害はさらにお見舞金を追加したい場合に付帯すると考えてもらえると、お見舞金が不要な人にとっては搭乗者傷害保険を外してしまっても問題ないことになるのです。もちろん補償を外せば保険料は安くなります。

搭乗中のみ特約

自動車保険は補償範囲を狭めるほど保険会社の支払いリスクが減るため保険料が安くなります。人身傷害についても補償範囲を選択することが可能です。

会社によって標準設定がどちらになるかは異なりますが、大きく補償範囲は2つに分かれます。搭乗中のみを補償する範囲と車外事故も補償する範囲の2パターンです。

おそらく容易に想像できるのは搭乗中のみの補償です。契約自動車に搭乗中の場合の事故のみ補償します。
車外事故を補償するパターンでは、契約自動車に搭乗中の事故にプラスして、他人の車に搭乗中の事故や歩行中や自転車運転中の自動車事故まで補償します。

もちろん車外事故まで補償する方が補償範囲が広いため保険料は高くなっています。人身傷害を付帯して、自分の車に乗っている場合だけ補償してもらえば良いと思っているのに、もしかすると車外事故まで補償される内容になっている可能性がありますので、契約内容を確認されることをお勧めします。

車外事故まで補償するのが標準となっている会社では、おそらく「搭乗中のみ特約」があるでしょう。搭乗中のみの補償が標準となっている会社では、おそらく「車外事故特約」や「自動車事故特約」という名称の特約がついている場合は補償範囲が広くなっています。保険料を抑えたい場合は人身傷害の補償範囲も確認してください。