1. ホーム
  2. 自動車保険を安くする方法
  3. ≫自動車保険を安くする6つの方法

自動車保険を安くする6つの方法

女性と自動車

ここでは現在加入している保険に無駄がないかを確認する方法を以下の6項目ご紹介します。

  1. 運転者限定・年齢条件の見直し
  2. 人身傷害と搭乗者傷害の見直し
  3. 特約の見直し
  4. 車両保険の見直し
  5. ダイレクト型自動車保険の検討
  6. 一括見積もりの利用

1.運転者限定・年齢条件の見直し

運転者限定の設定の仕方は以下のように設定できます。

  • 運転者限定なし
  • 家族限定
  • 本人・配偶者限定(夫婦限定)/ 本人限定

今までは友人が運転することもあったが、今は自分しか運転しないということはありませんか?この場合は運転者限定なし→本人・配偶者限定(夫婦限定)/ 本人限定 に変更が可能です。今までは息子も運転することがあったが、自分の車を買ったからこの車は夫婦でしか使用しなくなったということはありませんか?この場合は家族限定→本人・配偶者限定(夫婦限定)/ 本人限定 に変更が可能です。

運転者の範囲が狭くなった場合はそのままでも補償はされますが、運転者限定を変更することで保険料を安くすることが可能です。契約期間の途中でも変更が可能ですから、変更がある場合は保険会社に連絡し、内容の変更をしてください。

年齢条件の設定の仕方は以下のように設定できます。

  • 全年齢補償
  • 21歳以上限定
  • 26歳以上限定
  • 26歳以上限定

年齢条件は同居親族にのみ適用されます。運転する可能性のある別居の兄弟が25歳だからといって、21歳以上限定にしていませんか?この場合は別居の運転者は年齢条件に関係ありませんので、同居親族の運転者で一番若い年齢の人に合わせて設定します。自分が40歳であれば、21歳以上→35歳以上限定に変更することが可能です。ただし運転者限定は限定なしにする必要があります。

誕生日を迎えられたのに、年齢条件をそのままにしているということはありませんか?もしかすると年齢条件をひとつ繰り上げて設定できるかもしれません。運転者の年齢範囲が狭くなった場合そのままでも補償はされますが、年齢条件を変更することで保険料を安くすることが可能です。契約期間の途中でも変更が可能ですから、変更がある場合は保険会社に連絡し、内容の変更をしてください。

2.人身傷害と搭乗者傷害の見直し

自動車保険は大きく分けて4つの補償内容に分類することができます。「対人」「対物」「傷害(搭乗者傷害・人身傷害)」「車両」の補償です。人身傷害と搭乗者傷害はどちらも傷害保険のくくりとなり、自分側の補償になります。

代理店や保険会社に任せて保険の契約をしていると、思っている以上に補償が厚くなっていることがあります。人身傷害と搭乗者傷害の違いは、簡単に言うと人身傷害が実損払い。搭乗者傷害が定額払い。という違いです。

人身傷害が運転者(自分)だけの補償で、搭乗者傷害が一緒に乗っている人の補償だと思われている人がいるかもしれませんが、実はどちらも運転者と一緒に乗っている人両方のけがなどを補償する保険なのです。つまり実際にかかる金額は人身傷害で定めた金額を限度額として補償されます。搭乗者傷害は、さらにお見舞い金を追加したい場合に付帯します。

人身傷害と搭乗者傷害の違いについて勘違いされていた場合は見直しすることで保険料が安くなるかもしれません。契約期間の途中でも変更が可能ですから、変更したい場合は保険会社に連絡し、内容の変更をしてください。

3.特約の見直し

自動車保険には「対人」「対物」「傷害(搭乗者傷害・人身傷害)」「車両」の4つの補償がありますが、この他にオプションとして付帯できる特約が存在します。以前は付帯していたが今は不要になったという補償はありませんか?

例えば、今までは原付に乗ることがあったが今はもう乗っていないということはありませんか?ファミリーバイク特約を付帯している場合と付帯していない場合ではその種類にもよりますが、保険料はかなり違います。特約が不要になった場合は契約期間の途中でも変更が可能ですから、保険会社に連絡して内容の変更をしてください。

または、保険会社に勧められて、自動車事故以外の日常生活における賠償責任まで補償する特約を付帯したが、別で契約している自動車保険以外の保険と重複してしまっているということはありませんか?これにあたるのは個人賠償責任保険という特約です。

もしかすると自動車保険に特約として付帯している場合の方がお得になるかもしれませんが、重複しているのならもったいないです。どちらで付帯するのか検討し、不要であれば契約期間の途中でも変更が可能ですから、保険会社に連絡して内容の変更をしてください。

4.車両保険の見直し

車両保険は保険料を大きく左右するポイントです。保険を使うと等級が下がることも頭に入れて付帯を考えるようにしてください。少しぶつけたくらいの傷であれば直すつもりがないような、古くて市場価値の低い車に車両保険を付帯していませんか?保険を使うと等級も下がるし、修理しないというのなら車両保険を付帯しておく必要はありません。思い切って外してしまうと保険料は安くなります。

また、車両保険の設定には補償範囲の設定や免責金額の設定、レンタカー費用の設定など様々指定が可能です。自分のニーズに合った内容になっているのか見直してみて不要な部分があれば変更すると良いでしょう。ただし、保険金額の変更については車の改造や車両入替等がない限り、基本的には契約期間の途中で変更することはできません。事故があった場合の免責金額の変更も制限があります。

車両保険については、補償範囲の変更か付帯の削除であれば契約期間の途中でも変更が可能ですから、変更したい場合は事故がないうちに保険会社に連絡して内容の変更をしてください。

5.ダイレクト型自動車保険の検討

自動車保険には大きく分けて対面型の保険会社とダイレクト型の保険会社の2つのタイプがあります。対面型は代理店を通して自動車保険を販売しており、ダイレクト型は電話やインターネットで販売されています。

対面型の保険会社の場合、直接保険のプロに話を聞いて保険を設計し、相談しながら契約できるのがメリットです。しかし代理店を置く必要があることや、そこに多くの人件費や書類が発生するためコストがかかります。

一方でダイレクト型の保険会社の場合は自分で手続きをしなければならない分、保険料が安いことがメリットです。同じような補償内容にしていてもダイレクト型の保険の方が保険料が安くなることがほとんどです。対面型の保険会社で契約をされている人は、ダイレクト型自動車保険を検討してみるのも良いでしょう。

6.一括見積の利用

様々な見直し項目を挙げてきましたが、どれも実践済みという人は、更新時期ごとにインターネットの一括見積を利用して契約保険会社自体を見直してみるのが良いでしょう。各社割引制度を独自で用意しているため一概にここの保険会社が安いと言うことはできません。契約自動車の車種や装備によっても割引が適用できる会社とそうでない会社も出てきます。一括見積のサービスが便利ですので利用をしてみるのが良いでしょう。