1. ホーム
  2. 保険料を決める条件
  3. ≫保険料を決める「運転者限定」とは

保険料を決める「運転者限定」とは

Fotolia_66366275_XS

保険料を抑えるために有効な方法として、運転者限定の設定があります。これは運転する人の範囲を制限することにより補償範囲を狭めてリスクを減らし、保険料を安くすることができるものです。

一般的な運転者区分

一般的に運転者限定条件は以下の通りに分けられます。

  • 家族限定
  • 夫婦限定
  • 本人限定

保険会社によっては、本人・配偶者限定の設定があり、本人限定の設定がなかったり、その逆があったりしますが、おおむね3パターンには区分されているかと思います。

運転者限定なし、夫婦限定、本人限定

運転者限定なしに設定していれば、だれが運転していた時の事故も補償されます。同居親族はもちろん、別居の親族でも友人・知人誰でも大丈夫です。友達と車で旅行した際に交代で運転する可能性があるという場合は運転者限定なしに設定します。ただし、補償の範囲が広いため一番保険料は高くなります。

夫婦限定に設定していれば、本人またはその配偶者が運転していた時の事故しか補償されません。この2人以外の人が運転することの無い場合に設定してください。本人限定の場合は記名被保険者ひとりしか運転しない場合です。補償の範囲は狭くなるため保険料を一番抑えることができます。

家族限定

少々厄介なのが家族限定です。一般で言う「家族」とは異なりますので注意が必要です。運転者限定における家族とは「同居親族+別居の未婚の子」を言います。

同居親族とは記名被保険者と同居している6親等以内の血族・配偶者および3親等以内の姻族のこととなります。何親等と言われてもわかりづらいですが、範囲はかなり広いです。現実的に考えられる、おじいちゃんおばあちゃんはOKですし、同居していれば他人でなければOKというくらいの認識で大丈夫です。また別居親族については、記名被保険者の未婚の子のみ補償の範囲とすることができます。

別居している場合、結婚している子は対象外です。記名被保険者と兄弟の関係でも別居していれば家族限定には入れません。どちらも別世帯として考えられます。しかし逆に同居さえしていれば、改姓している既婚の妹でも家族限定に入れます。別居で家族限定に入ることができるのは「記名被保険者の未婚の子」のみと覚えてください。

別居の子に婚姻歴がある場合や、二世帯住宅の場合の同居の定義については各社で異なるため事前に確認して設定されるようにしてください。