1. ホーム
  2. 保険料を決める条件
  3. ≫保険料を決める「主な使用地域」とは

保険料を決める「主な使用地域」とは

快晴青空・富士山と東京スカイツリーそして東京都心の高層ビル群を一望

自動車保険の保険料率は全国一律ではありません。主な使用地域とは日本におけるどの地域で車を主に使用するかという判断です。使用する都道府県ごとに、各社が定めた地域区分のどこに分類されるかによって保険料率が異なります。

自動車保険の話題に関わらず、日本全国の事故率についてはでニュースを耳にすることもあるでしょう。地域によって事故発生の件数に違いがあり、そのほか交通量や道路の広さ、所有台数や気候によっても事故リスクが異なると判断され、保険会社は主な使用地域によって保険料に差をつけることができるのです。

保険料の高い地域・低い地域

保険料が高い地域は、やはり毎年死亡交通事故件数のワーストを争う北海道が該当します。死亡事故が多いということは事故リスクが高いということだけでなく、保険会社は事故による保険金の支払い金額が多くなるため保険料を高く設定します。積雪のある地域では冬になるとスリップ事故が発生するなど、危険が増すため保険料を高く設定される傾向にあります。

保険料の安い地域として沖縄が該当します。各社設定は様々ですが、沖縄は平均して他の都道府県と比べて保険料が圧倒的に安いです。これには沖縄だけに「沖縄料率」という特殊な割引があるからです。季節による路面状況の変化がないだけでなく、人口が少ない地域などは保険料が安くなる傾向にあります。

地域区分や保険料率は保険会社により自由に設定可能です。保険料の高くなるような地域に住んでいれば、なるべく地域による割増引の少ない保険会社を検討するのが良いでしょう。保険料の安くなりそうな地域に住んでいるようであれば、地域による割引が多くつけられる保険会社を選びましょう。また、はじめに契約した内容から引っ越しなどにより主な使用地域が変更になる場合は、保険料にかかわることがあるため保険会社へ申し出が必要です。