1. ホーム
  2. 保険料を決める条件
  3. ≫保険料を決める「使用目的」とは

保険料を決める「使用目的」とは

コインパーキング

保険会社は契約自動車をどのように使用するかによっても事故リスクが異なると考え、その使用目的によっても保険料に差をつけます。使用目的は契約する際の通知事項となりますので正しく申告する必要があります。また、途中で変わった場合には変更の旨を保険会社に連絡することも必要です。使用目的を偽って申告したり、誤っている場合には万が一の際に補償が受けられない可能性があるので注意してください。

使用目的の種類

使用目的を設定できる保険の場合、種類は以下の3つに分けられます。

  1. 業務使用
  2. 通勤・通学使用
  3. 日常・レジャー使用

「年間を通じて週5日以上または月に15日以上使用する」場合は業務使用または通勤・通学使用として分類されます。日常・レジャー使用はいずれにも該当しない場合です。

業務使用

業務で車を「年間を通じて週5日以上または月に15日以上使用する」場合は業務使用に該当します。例えば仕事で毎日お客様を回るような営業の仕事に、自分の車を使用している場合がこれにあたります。業務で使用する場合は他の使用目的に比べて運転時間や距離が長くなるためリスクが高いと判断され、保険料が3区分の中では一番高くなります。

通勤・通学使用

車での通勤・通学を「年間を通じて週5日以上または月に15日以上使用する」場合には通勤・通学使用に該当します。この場合、自分の車は通勤・通学に使用し、業務では別の会社の車を使用することが条件となります。家から学校または会社までの運転が主となりますので、業務目的に比べれば事故リスクは低くなると考えられ、保険料が抑えられます。

夏は毎日通勤に使用しているが、冬は雪道が危ないので通勤には公共交通機関を使用している。という人はどのように設定すれば良いでしょうか。使用目的の設定は「年間を通じて週5日以上または月に15日以上使用するもの」となりますので、1年間全体を考えたうえで平均するとどのくらい通勤に使用しているか考えれば良いということです。また、会社や学校の送り迎えに車を使用する場合もこれにあたりますので、注意が必要です。

日常・レジャー使用

これは買い物に行ったり、休日のレジャーにだけ使用する場合に設定します。業務使用でもなく、通勤・通学の使用でもなければ日常・レジャー使用の設定にされて大丈夫です。日常・レジャー使用が一番事故リスクは低いと考えられ保険料を抑えられます。

会社によっては、この3つの分類ではなく、業務用と家庭用の2分類にする会社もあります。この場合は業務で使用しなければ、通勤・通学使用も日常・レジャー使用も家庭用というひとくくりの分類になるため、通勤・通学使用の方にとっては保険料が抑えられる保険会社かもしれません。どちらにしろ補償が受けられなくなることの無いように、正しく判断して設定されるようにしてください。