1. ホーム
  2. 保険料を決める条件
  3. ≫「車両料率クラス」とは

「車両料率クラス」とは

駐車場

自動車保険には保険料を設定するために「料率クラス」というランク付けの制度があります。これはその車の事故リスクに応じて保険料を不公平なく設定できるように作られています。

料率クラスの仕組み

料率クラスは自家用普通乗用車と自家用小型乗用車の型式ごとに設定されています。型式は車検証で確認することができます。車の型式は何か?と聞いたときに、例えば「キューブ」です。と答える人がいますが、それは車名です。車には車名とは別にアルファベットと数字で構成されている型式があり、「キューブ」の中でも型式はタイプや年式で異なり数パターン存在します。

料率クラスは自動車保険における「車両保険」「対人賠償保険」「対物賠償保険」「傷害保険(搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険)」の4つの項目にそれぞれ設定されています。それぞれランクは1~9までで設定されます。1に設定されると一番保険料が安く、9に設定されると一番保険料が高くなるような掛け率となっています。

ランクはその車の型式ごとの事故実績により損害保険料率算出機構が定めています。料率クラスは毎年1月に見直された料率に改定となります。イメージするならば「この1年間この型式の車は車両事故が少なかったから車両料率クラスのランクを一つ下げようか」という具合です。逆に前年にその型式の車による事故が増えた場合は見直しによって料率クラスが上げられることもあり、そうなるともちろん保険料も上がります。ランクは1ランク上がるごとに20%の差となります。自分は事故がなく、一つ等級が上がるから今年は保険料が安くなると思っていても、もしかすると高くなる場合もあるということです。

軽自動車の料率クラス

料率クラスの設定は「自家用普通乗用車」と「自家用小型乗用車」についてです。つまり軽自動車には料率クラスはありません。軽自動車はひとくくりで考えられます。軽自動車はこの料率クラスの変動による保険料の増減を心配する必要はないということです。