1. ホーム
  2. 保険料を決める条件
  3. ≫保険料を決める「ノンフリート等級別料金制度」

保険料を決める「ノンフリート等級別料金制度」

Auto mit Münzen

自動車保険には「ノンフリート等級別料金制度」というものがあり、無事故で保険を長く継続していると等級が進み、どんどん保険料の割引率が上がっていく仕組みになっています。等級は1~20等級まであり、事故などで保険を使用すると等級が下がり、無事故の場合は上がって行きます。

自動車保険では契約自動車の台数が9台以下の場合をノンフリートと呼び、ノンフリートに該当する場合にこの制度が採用されています。会社の契約などで10台以上になる場合はフリート契約となり、また別になります。

等級の進み方

1年間事故なく保険契約を継続していた場合に次年度1等級上がるルールになっています。下がる場合には事故の種類によって下がり幅が異なります。事故の種類は ①3等級ダウン事故 ②1等級ダウン事故 ③ノーカウント事故 の3種類です。

3等級ダウン事故の場合は次年度に3等級下がります。1等級ダウン事故の場合は次年度1等級下がります。ノーカウント事故については事故で保険を使用したとしても、その事故はなかったものとして取扱うため次年度1等級上がります。

事故有係数適用期間

事故有係数適用期間とは、契約期間中に事故があった場合に次年度から一定期間「事故有」の割増引率を適用する期間のことを言います。以前は事故の有無にかかわらず、同じ等級であれば同じ割増引率を適用していましたが、平成24年10月1日以降始期契約からは同じ等級でも別の割増引率を適用することになり、事故有の人の方が保険料が高くなるような仕組みとなりました。

事故有係数適用期間は3等級ダウン事故の場合は3年間適用。1等級ダウン事故の場合は1年間適用します。ノーカウント事故の場合は事故はなかったこととするため事故有係数適用期間はつきません。つまり、事故をした場合には等級が下がって割引率が下がるだけでなく、「事故有」の割増引率が適用されてさらに保険料が高くなるのです。

初めて保険に加入する時の等級

今まで保険契約がなく初めて加入する場合は6S等級から始まります。セカンドカー割引が適用できる場合は7S等級から始まります。保険料を安くしたければ、コツコツ無事故を積み上げて、等級を上げて行くのが確実です。