1. ホーム
  2. ≫保険料を決める条件

保険料を決める条件

保険料を決める「運転者限定」とは

保険料を抑えるために有効な方法として、運転者限定の設定があります。これは運転する人の範囲を制限することにより補償範囲を狭めてリスクを減らし、保険料を安くすることができるものです。 一般的な運転者区分 一般的に運転者限定条 …

保険料を決める「年齢限定」とは

保険料を抑えるために有効な方法として、年齢条件の設定があります。これは運転する人の年齢を制限することにより補償範囲を狭めてリスクを減らし、保険料を安くすることができるものです。 一般的な年齢区分 一般的に年齢条件は以下の …

保険料を決める「運転免許証の色」とは

免許証の色には「グリーン」「ブルー」「ゴールド」があります。免許取得から3年間はグリーン免許となり、以降はブルー免許となります。ゴールド免許になるためには更新前5年以上無事故無違反でなければなりません。つまりゴールド免許 …

保険料を決める「年間走行距離」とは

使用目的とも関わってきますが、さらに細かく走行距離によって保険料を定める保険会社も出てきました。使用目的の判断は3つの目的に合わせて使用頻度や走行距離などを、保険会社が概算的にリスクを判定して保険料に差をつけました。しか …

保険料を決める「主な使用地域」とは

自動車保険の保険料率は全国一律ではありません。主な使用地域とは日本におけるどの地域で車を主に使用するかという判断です。使用する都道府県ごとに、各社が定めた地域区分のどこに分類されるかによって保険料率が異なります。 自動車 …

保険料を決める「使用目的」とは

保険会社は契約自動車をどのように使用するかによっても事故リスクが異なると考え、その使用目的によっても保険料に差をつけます。使用目的は契約する際の通知事項となりますので正しく申告する必要があります。また、途中で変わった場合 …

「車両料率クラス」とは

自動車保険には保険料を設定するために「料率クラス」というランク付けの制度があります。これはその車の事故リスクに応じて保険料を不公平なく設定できるように作られています。 料率クラスの仕組み 料率クラスは自家用普通乗用車と自 …

リスク細分型自動車保険とは

最近テレビCMなどで良く聞くようになった「リスク細分型保険」という言葉があります。なんとなくリスクに合わせた保険なのだろうとは想像がつきますが、具体的にはどのような保険の事なのでしょうか。 自動車保険の自由化 以前自動車 …